読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無限ループ

ノートの隅に書く感想

2017年4月後半

ビバ黄金週間、ビバ9連休!友達の結婚式から始まってクリエで締めるGWが楽しくないわけがない!
4月は仕事も波風なく平和に過ぎ、アイドル現場にも通い、楽しき日々でした。ただ、アイドルに触れすぎて精神が闇に引きずられそうになったので、アイドルとは距離を置いて超ミーハー心でイケメンと可愛い女の子を好きでいるスタンスが合っているようです。昔はそれも含めて楽しかったんだけど、歳のせいかな。

○乃木坂アンダーライブ@東京体育館 4/21(金)と22(土)1部
金曜日は女神様に譲っていただきまして、いざ会場で座席を探したら席が潰されていて慌てたら空いている前の方の席に回されました。やはり捌けなかったのね……。
今回の17thアンダーセンターみりあさん。本当に本当に、真っ直ぐで強くてひたすらにハッピーな空気を作り上げてくれたみりあさんには感謝しかありません。格好良すぎる。
企画は1公演につき3人フューチャーで1人4曲センターという形式で、残念ながら私のれなちがセンターのときには入っていなくて見れなかったんだけど、拝めたら燃え尽きていたと思うのでちょうど良かったのかもしれないです。でも、私が好きなアンダー曲(ダンスナンバー)ばかり担当だったから見たかったよ!!狼に口笛をはずるい。私が観たときはれなちが担当していた楽曲はろってぃーとまあやが担当で、まあやが格好良いしエロいしでびっくりした。ただのいけめんだった。
21日はいつも通りれなちをロックオンしていたのですが、理由は自分の中で整理できてないから言葉には出来ないんですけど、22日は双眼鏡ロックオンをやめてモニターを見ていたんですね。(理由の一つとして、フロントだかられなちがモニターに抜かれる率が高くてこの現象を覚えておきたい、ということもあるのですが)そしたら、めっちゃめちゃ楽しくてハッピーで、え!?この子こんなに踊れたの!?こんなに可愛かったっけ!?の連続でした。最後のインフルエンサーだけはれなちロックオンでしたけど!
ずっと幸せだったな~本当に最強メンバーでこの12人が今回のアンダーで良かったし、みりあさんがセンターで本当によかった。
私はれなちが大好きだしそれは今までもこれからも揺るがないのだけれども、「推し」というには私の気持ちがついていかないのかな、と感じたアンダーライブでした。最近ずっっともやもやしていたので
少しすっきりしました!2公演、入ってよかった!


○映画
夜は短し歩けよ乙女
森見先生の小説の雰囲気が苦手だった記憶があったのですが、アニメーションになったら超良かった!超好き!好きすぎてとりあえず2回観に行ったし原作も買って読んでいて、読み終わったらもう1回行きたい。
観るきっかけとしては、私は苦手だけど人気だし面白いのかしら、という好奇心とキャラデザが中村さんだったことと楽曲がアジカンで、なにより予告PVを観たときに「もしかして好きな雰囲気なのでは?」と感じたことです!間違ってなかった!
昔は台詞の言い回しや文章が苦手で途中で何の作品だったのか読むのを諦めた記憶があるのですが、口に出すとテンポが良くてめっちゃ!好き!となりました。めっちゃ好きしかいえない語彙力のなさ。
観たらお酒が飲めないくせにお酒が飲みたくなるし、古本市に行きたくなるし、大学の学園祭に潜り込みたくなります。あまりにも憧れて、お酒が飲める友達を誘ってむーんうぉーくに行く約束を取り付けました。
夏の夕暮れ時に窓全開で缶チューハイ片手に部屋でだらだらと観たい映画です。誉めてます。夏の夕暮れ時を指定したのはアジカンのせいです!!夏の夕暮れにアジカンを聴きたくなるのは私だけでしょうか。


5月は少しまったりしようかな。

2017年4月前半

エイプリルフール、最高気温が一桁で小雨が降る中をお花見に出かけたのですが、その翌週の暖かさはなんだったのか。そこそこ桜も咲いていて良かったのですが、芝生にシートを敷いてお昼寝がしたかった。
4月はコンサートが2現場ありまして、その片方が終わったので一回感想を残します。2現場目に入った後だと記憶が上書きされてしまいそう。

 

・9日(日)ジャニーズJr.祭@さいたまスーパーアリーナ1部

400レベル220扉2列目 7340円

2週間前に突然「追加公演やるよー!」とお達しが出た祭の追加公演。前日はデジチケの機械の調子が悪かったり、相変わらず事務所がない席を用意したりで、ほんと短期間で用意させるとろくなことねーな、この事務所!短期間でなくともろくでもないのに!デジタルチケットだったので席がわからずゲートだけ発表になっていて、ゲート的にアリーナor200,300レベルだったのでSSAのスタンド2階の呪縛から解き放たれた!と思っていたら400レベルでした。まじでろくでもない事務所だな・・・Aゲートから400レベルまでの移動、大変だったんだぞ・・・。そんな感じの公演前でした。
祭はもちろん宮近さんがお目当てで観に行っていて、テレビも見なければ雑誌も読まない私はどこのグループに誰がいて、というのがあまり分からず。twitterで流れてくる「ほっくんリア恋枠」とか「B少年は落ちる」とかそんな知識しかなかったです。

総括したら、曲が分からなくてもめっちゃ楽しかった!です!以下、各グループの印象。
キングとプリンス:今のJrを引っ張っているのが平野のしょうくんなんだろうな、あ、そうなんだ、と。いまだに関西のイメージが強い。結局3と3に分かれて活動しているのか、V6みたいな感じなのか、祭だけでは伝わってこなかったのだけれども、全員集まると平和で見てて可愛い。しかし、イメージが薄いのは何故だ。お兄さんたちの印象が強すぎるせいなのか。セクボ組が多いし、全員1回でもどこかの現場で観たことのあるグループなんだけどなぁ。
すとーんず:ばかれあでしょ、かつーんの系譜でしょ?人気だよね。あー、うん、これ人気出るよね!!!と観て思った。ほっくんリア恋枠説は激しく同意するね、あれ落ちる子多いでしょう。ううっ、あんな色気のあるイケメンに育ってしまって・・・。私が一時期めちゃくちゃ顔が好きだった大我くんは昔の方が美少年であった。オリジナル曲が恰好良くてよいなー。
らぶちゅん:安井さんが率いるグループでしょう?あー、うん、これ人気出るわ!!!(2回目)バンドやるんだね。最初の1曲、ずっと金髪のボーカルの子は誰だろう、と思っていたのですが、もしかしなくともあらんちゃんでした嘘だろ・・・。実はあらんちゃんに関しては終演後まで確信が持てず、フォロワーさんに確認してしまったのでした。私はあんなあらんちゃん知らない。カラーがすとーんずと被っている気がするのは私の勉強不足でしょうか。いや、でもらぶちゅんは本当に売れそう。みゅうとさんまで持っていかれたらどうしようか。
はいはいじぇっと:みずっちゃんとはしりょがいるグループ。4人なんだね!?もっと人数が多いと思ってた。ローラースケートを履いていたから、ひかるげんじとかキスマイの系譜なのかな?ちみっこのイメージがあるのは昔のイメージが抜けていないせいなのか。ひたすらに可愛い。
B少年:これが!Twitterで噂の!B少年!あんまりショタな感じしなくない?これ、5年後とかまで残ってたらやばいな、各グループの女(おたく)を落とすな、っていう感じ。Honey Beatを歌ったから私の中で株急上昇です。5年後に出会いたい。と、ここで考えてはいけないことを考えてしまったのですが、5年後って私はいくつだよ。
とらじゃ:はぁ~!!とらじゃ、めっちゃ好きだよ~!!!宮近さん、好きだよ~!!!私はいつの頃からか、自然と担当不在でジャニーズ好きをやるようになったのですが(この辺の心境は推しの話と一緒にいつか残したい)、今後担当を名乗ることがあるのならば宮近さんだろうなあ。トラジャは踊っている姿がとてもとても好きで、PZで観たトラジャが一番好きで、ということは踊っている宮近さんが一番好きで、コンサートで観る宮近さんはとてもとても久しぶりで、客席を煽っている姿がとても新鮮と同時に違和感がありました。文脈が崩壊している。宮近さんは舞台班として踊っていたいのだろうか。それとも、デビューを掴みたいのだろうか。あぁ、宮近さんのこと、何も知らないなあ。

 

・山手線の衣装が車掌さんでめちゃめちゃ可愛い!宮近さんの煽りもホストでめっちゃちゃらくて可愛い♡もう1回聞きたいからクリエでやってくれ!「終電な~い!」って言いたい。
・何かの曲で大我くんが宮近さんの手を取って階段を下りていて、宮近さんがお姫様でした。
・全員でのミッドナイトシャッフルはただのカウコン。なんだかんだで、マッチの曲は良いと刷り込まれている系おたくです。
Twitterで散々言われていたけれども、B少年のびゃくやは私でもやばいと思った。語彙力がないからやばいしか言えない。曲としても好きなので、びゃくやレンタルするわ。
・世界にひとつだけの花を見ながら、きっとこの中でデビューする組はないだろうし、このメンバーのままでいられるグループのないだろうな、とネガティブな感傷に浸ってしまった。でも、各グループが1組ずつ出てきて歌う演出は良かったです。

こんなに長く書くつもりはなかったのに・・・。ちなみに、昼公演に入って夜には記憶がたいぶ薄れ、一夜明けてほぼ記憶が飛んでいるのでレポはないです。夢の記憶は夢の空間でしかもたないのでしょう。
来週はこれまた超久しぶりな乃木坂ちゃんのアンダーライブなので、それまでは生きるぞ!

 

2017年3月

あっというまに2017年度になってしまいました。終わりよければすべてよしな人間なので、年度末最終日が平和だったので2016年度も良い年でした。社会人5年目になったので、もっと効率よく楽しく仕事をしたいです。楽しく生きたい。

春は何かを始めるのにとっておきの季節だね!というわけで、ごくまれにお弁当を作って持参するようにしたのですが、世の中のお弁当を作っている方に盛大な拍手を送りたい。一週目にして、これは社食で食べた方が栄養バランス的に正解では?となっています。

3月は色々と観たような気がするのだけれども、4月5月のチケット代を払い続けただけでした。

 

2017年3月

・5日(土)どんつく(歌舞伎座 昼の部)

幕見1000円

どんつくどんつく!三津五郎さんを偲ぶ演目。私は三津五郎さんを拝見したことがないし、当たり前ながらこれから映像以外で拝見することは出来ないことが寂しいし、三津五郎さんといい勘三郎さんといい、もっと長生きしてくれて良かったと思うの・・・。

演目自体は舞踊で、出演者全員でどんつくどんつく!って踊るところがとっても賑やかで楽しいし、眠くなってしまうから苦手なのですが、また見たいな。

 

ここからは映画の話。

・ララランド

妹から日本公開前からおすすめされていた映画で、アカデミー賞うんぬんでも話題になっていたララランド。前半がクライマックスでしたね!(個人的には)スーパー歌舞伎ワンピースでも2幕がクライマックス派な私は前半がめちゃくちゃ楽しかったです。話としては、主人公2人は恋人ではなくて戦友っていう言葉が合うな、と思っていたので、他にも同じ感想を持っている方がいて嬉しくなりました。恋しているわけではなく、共に戦っていたと思うんだよね。音楽がとっても好きで、サントラを買いました。

 

ハルチカ

しょうりくん大好きなフォロワーさんが猛プッシュしていて、元々気になっていたので見に行きました。いや、もうね!!美少女美男子が画面に映っていればなんでも許されるよ!!!かんなちゃんとしょうりくんの並びは国で保護すべきだね。ラストの展開がなぜ皆で踊りだす?っていう感想を抱いたのですが、話のテンポも速くて私は見やすかったな。かんなちゃんとしょうりくんの並びが堪能できたし。部活の話し合いでどんどん横道にそれて崩壊していく様が、あるある~!!高校生だ~!!っていう感じでした。懐かしかった。わかるわかる、泣き出すよね!全然関係ないことを責め始めるよね!

ハルタが部員のあれこれの問題を解決していくときに、え、この子はエスパーなの?推理能力高すぎか?と思っていたのですが、原作は推理系の要素が入っているのですね。納得。原作もGWに読み漁ろう~。

 

4月から5月初めにかけてはアイドル現場が揃っているので、楽しく生きるぞ!

2017年1、2月

2016年は色々と観劇したような気がするのだけれども、「私何を観たんだっけな、この演目は観たことあるんだっけ?」という記憶力の悪さが露呈して悲しかったので、2017年は何を観たのか、読んだのか、書き留めておこうかと。他にもざっくばらんに書きたい。2017年も四分の一が終わろうとしているタイミングで始めたのは生粋のめんどくさがりが原因です。

 

2017年1月

・19日(木)新春浅草歌舞伎2部(15:00開演)

3等席(3階ふ列)3000円

本当は別日に1部2部連続で行きたかったのですが(はーさまと巳之助さんの挨拶!)、仕事のあれこれで有給が取れず今年は1部のみとなりました。土日も珍しく予定が埋まっていて調整できなくて・・・。お年玉挨拶は中村壱太郎さん。2部は歌舞伎座にご出演のため、浅草での出演はなし。2月の宣伝を含め喋り倒して歌舞伎座に向かわれました。はーさまもお年玉挨拶は凄い勢いで喋るけど、歌舞伎役者の挨拶は早口が定番なのだろうか。

<演目>

・双蝶々曲論日記 角力

・存知鈴ケ森

・棒しばり

好きなのは角力場。

はーさまの与五郎がぴったりで、こんな演技ができるんだ!と衝撃でした。失礼かもしれないけれど。ちゃらちゃらというか頭が弱いというか、優男な若旦那役をもっと演じて欲しい~!梅丸くんとのカップルが本当にかわいくてかわいくて、「あずま~!」「よごろうさ~ん!」の掛け合いににやにやしておりました。

棒しばりは巳之助さんのひょうきんな役を堪能できて楽しかったな~。元々演目自体も好きで棒しばりは観たかったのです。鈴ヶ森は殺陣が堪能できた記憶がある。すでに曖昧だけど、はーさまが恰好良かったです。語彙力のなさがかなしい。

 

2017年2月

・11日(土) SEKAI NO OWARI  Tarkus@京セラドーム(18:00開演)

アリーナ 9列 8100円

ドームと名の付く場所に立つせかおわが見たい!の一心でわざわざ京セラドームに飛びました。なぜ東京だけさいたまスーパーアリーナだったのかいまだに解せない。

セットに相変わらず莫大なお金がかかっていそうで、だからこそせかおわのコンサートはめっっちゃくちゃ楽しくて、せかおわのどこが良いの?って同世代に言われることもあるんだけど、現場が!!最高に楽しいところだよ!!!

今年は特に最高だった、さすがさおり様愛してる。登場がまず最高なのね、シルエットの状態でらぶ・なかじんコンビ、深瀬さんさおりちゃんコンビで出てくるんだけど、さおりちゃんがお姫様(ワンピースのすそを持って挨拶してる)で、深瀬さんが王子様(お姫様を見つめている)なの!ひゃー!そして、セトリも演出も全ては「ドラゴンナイト」のためにあって、収束したときには鳥肌でした。今更ドラゴンナイトだけど確かにドラゴンナイトのためのコンサートってなかったものね。

実はこれをせかおわの現場の区切りにしようと思って臨んで、とんでもないものを見せつけられ愛しさが増してしまった・・・。また遊びに行けたら行きたいな。

 

・15日(水)門出二人桃太郎(夜の部 16:30開演)

幕見152番 1200円

twitterでも連日札止め情報が飛び交っていた、門出二人桃太郎。13時過ぎ着で152番でした恐ろしや。中村勘九郎さんのお子さん、長男:勘太郎くん、次男:長三郎くん、の初舞台。本当に本当に可愛くて!とてもほんわかした舞台でした。お兄ちゃんの勘太郎くんがとてもしっかりしていてびっくりした・・・長三郎くんはまだ台詞もお兄ちゃんの真似?をしたりしていて、可愛かった・・・。後ろで見守る勘九郎さんがお父さんで、おとうさーん!って叫びたくなりました。勘太郎くんと長三郎くんが大きくなったときに、私は二人の初舞台を観たんだぜ、ふふん!って自慢するんだ。

 

・23日(木)シアターコクーン 陥没(14:00開演)

立ち見 2階 R側 2500円

twitterで足跡姫を検索していたときによく見かけて、面白そうだったので当日券で突撃してきました。今回は立ち見当日券だし文句はないんだけど、コクーンはサイドだと半分しか見えない問題を本当にどうにかして欲しい。

お話は東京オリンピックの時代を背景に、ホテルの建設・オープンを巡って起こる色んな事件(結婚とか離婚とか)あれこれでコメディ?でした。オープニングでプロジェクションマッピングを使ってて、感動した。ミュージカルでも歌舞伎でもなく演劇を観劇するのは2年振りくらいだと思うのだけれども、みんな台詞回しが快活だし凄いスピードで話が進むし会話がスパンスパーン!っていうラリーのテンポで「え、なにこれ演劇ってこんなテンポだっけ!?」っていうのが新鮮でした。足跡姫もそうだったから、何を観てもそう思うのかもしれない。ミュージカルもあんな軽快なテンポで進まんよ・・・劇団四季ばかり観ているからもしかしたら発声の問題なのかもしれないけれど・・・。

舞台自体は凄く面白くて、何かを考えるというよりはとにかく見て面白かったなー!で楽しく終わりました。語彙力がなくて何も書けない申し訳ない。

 

・24日(金)NODA・MAP「足跡姫」東京芸術劇場プレイハウス(19:00開演)

ベンチシート 4000円

仕事が終わって定時ダッシュして池袋の地下でさまよって泣きそうになりながら、無事に辿り着いた東京芸術劇場。プレイハウスは見やすくて超好き・・・コクーンのサイドの翌日だったら余計に・・・。ベンチシートはお尻をベンチに乗っける、という感じでお尻が痛くなります。でも立ち見よりは足が痛くならないと思う。

お話は中村勘三郎さんへのラブレター。出雲の国の踊り子のお話でした。最後の妻夫木聡の演技に泣いた。宮沢りえさんを観るのはカフカに続き2回目なのですが、本当に綺麗だよなあ。舞台の上だと綺麗すぎて怖い。

「舞台の上のものは全て嘘じゃないといけない」っていう台詞が当たり前なんだけど、そうか。って。「ここは舞台の上だから、死んでも生き返らないと!」姉(宮沢りえさん)が死んだときに弟(妻夫木さん)が叫ぶ台詞なんですけど、泣くしかないわ。

 

 

25日(土)に横浜美術館篠山紀信展(1500円)へ行ってきたのですが、さすがに3日連続遊び倒すのは疲れた。年かな。